MENU

02

PATTERN MAKING

木型製作

鋳造も加工も自社内で行う「素加一貫」体制で実現する
最終工程を見据えた鋳造方案の設計

生産能力

鋳造工程を理解し、最適な鋳造方案の設計を行います

木型設計には「収縮率」「取り代」「鋳造方案」「加工クランプ」「矯正治具」等、多くの重要な要素が存在し、最終工程を見据えた鋳造方案が鋳造品の品質と納期を決定します。JMCでは最終工程まですべて社内で完結させることで、スピードと品質の向上を目指しています。

設計変更や材料置換にも柔軟に対応

木型はケミカルウッドを素材として製作するため、金型に比べ容易に修正を行うことができます。そのため、製作途中での設計変更にも柔軟に対応することが可能です。またJMCでは1つの木型で、アルミとマグネシウムの切り替えを含む、様々な材料で鋳造可能です。

PAGETOP